取 得 時 講 習

運転免許試験場で合格した方が運転免許交付前に受けなければならない講習です。

指定自動車教習所は、神奈川県公安委員会から委託を受け、次の講習を行っています。

大型・中型・普通免許(普通車講習)・大型二輪車・普通二輪車免許及び原付免許(原付講習)・並びに大型第二種・中型第二種・普通第二種免許(旅客車講習)を受けようとする方に対する講習です。

講習詳細

■受講対象者
上記免許を受けようとする方で、運転免許試験場で合格した方が対象となります。

■講習の日時・場所
講習の日時・場所は運転免許試験場で試験合格者の住所地などを勘案して合格者にご案内します。

■講習内容:
《普通車講習》
運転に係る危険の予測、その他安全な運転に必要な技術と知識・高速自動車国道又は自動車専用道路おける必要な技術と知識《大型二輪車講習・普通二輪車講習》
運転に係る危険の予測、二人乗りに関する知識、その他安全な運転に必要な知識と技術

《旅客車講習》
運転に係る危険の予測
夜間や悪条件下での運転
子供、高齢者、身体の不自由な方への対応

《応急救護処置講習》
応急救護処置の基礎知識
応急救護の実技(心肺蘇生法、止血法等)

■講習免除者
普通車講習・大型二輪車講習・普通二輪車講習・旅客車講習の方については 指定自動車教習所の卒業証明書を有する者(1年以内の者) 卒業証明書は、国内すべての都道府県指定自動車教習所のものが有効です。
「うっかり失効」又は「やむを得ず失効」を理由に免許試験の一部免除を受けることが出来る方
免許を申請した日から前、6ヶ月以内に該当する車種で運転できる外国の免許を受けた後、その国に通算して3ヶ月以上滞在していた方。

■応急救護処置講習免除者
普通免許・大型二輪免許・普通二輪免許のいずれかを既に取得している方。
普通免許・大型二輪車免許・普通二輪車免許のいずれかの免許を「うっかり失効」又は「やむを得ず失効」を理由に免許試験の一部免除を受けることが出来る方。
医師、保険師、助産婦、看護師、准看護師、救急救命士ほか応急救護措置の知識を得ていることを証明できる方。

講習実施校

県内自動車教習所39校